ほんわか*わんず生活

トイプー「リキ」にチワプー「姫」が仲間入り。ほんわかな日々、時々ドタバタw








スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

被災したペット達 :: 2011/03/29(Tue)

20110329-01.jpg


トリミング直前の リキ男くん。

ワタシの腕の中で ウトウトしています。



今回の災害で たくさんの人たちが 今なお行方不明になっています。

その方々の安否はもちろん心配ではありますが

ワタシのように ペットと暮らす人にとっては

ペット達は?って 気になってる人も多いと思うんです。


飼い主さんと一緒に助かった仔もいるでしょう。

命は助かったけれど 飼い主さんとはぐれてしまった仔もいるでしょう。

そして 残念なことだけれど 津波に飲まれてしまった仔もいるでしょう。。。


もし 飼い主さんと一緒に避難できたとしても

避難所では 動物は禁止というところがほとんどでしょうから

きっと 大変なんだろうな。。と思っていました。


そしたら、今日テレビで 被災したペットたちがどうしているのかを

取り上げていました。



20110329-02.jpg



やっぱり ほとんどの避難所では ペットと一緒に入れなくて

車の中で寝泊まりしてる人も やはりいるそうです。


でも 車の中での生活は お年寄りなどには辛く

そういう人たちのために ペットを一時的に預かってもらえる

ボランティアも現地で活動しているそうで

そこには 飼い主さんとはぐれてしまったペットも保護されていました。


飼い主さんとはぐれてしまったペットの中には

被災した影響なのか ゲージから出るのを極端に怖がっているワンコがいたり

ブルブル震えて おびえるワンコがいたり。。。


しかし一部では ペットも一緒に入れる避難所もあって、

そこでは ペットが被災した人達の 心の癒しになっていると言っていました。


ペットのための 食事や物資などを被災地に運んでくれている

ボランティアの方もいるそうです。



20110329-03.jpg



人間とペットと どっちが大事か、と言われれば

もちろん人間だと思うのですが。。。

ペットと暮らす人間にとっては 家族同然。

やはり 大切な存在ですから。。



ボランティアの人たちが 現地でそういう施設を設けてくれていたり

ペットの食事や物資を運んでくれる人たちがいると聞いて

正直 少し安心しました。


早く ペット達が安心して 飼い主さんと暮らせるように

なって欲しいと思います。




被災地の飼い主さんも ペット達も どうか負けないで!!!



にほんブログ村 犬ブログ プードルへ


スポンサーサイト


テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<前へ進もう | top | 友達できたよ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://honwakariki.blog120.fc2.com/tb.php/295-4e253d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。